テレクラサイトにおいて理想的な相手を見つけたいと思う時。絶対に犯してはいけないタブーというものがいくつかあります。まず一つ目は「焦ること」です。必ずしも全員が、とは言えませんがテレクラサイトを利用する多くの女性は慎重になっています。

何か一つ情報を提供するまでの時間的な隔たりは男女間で大きな差があります。従って、何の話をするにしろ、とにかく焦りをみせることは禁物なのです。下ネタ話を持ち掛けるのも、まずは相手の出方を観察しましょう。

一般的に女性は下ネタ話も含め、自分の恥部をさらすのはかなりくだけた相手に限ります。よって下ネタ話ができるのはずっと先になるものと認識しておきましょう。むしろ最初から下ネタ話がOKな女性は十中八九、実際に会う気のない女性でしょう。

もしそのような女性と知り合ったら、こちらも割り切った気持ちで楽しんでしまうといいかもしれません。そしてタブーの二つ目は「プライバシーの侵害をすること」になります。女性はネット上で個人情報を公開することにはことさら敏感になっています。

こんなご時世ですから、当然と言えば当然のことです。なのでちょっとでも不用意に相手の情報を聞き出そうとする男性はすぐに切り捨てられるものと思っておきましょう。もし何か聞きたいことがあったとしても、「もしよければ教えてほしいのだけど」と一言ことわってから尋ねるようにしましょう。

すると「この人はマナーをわきまえている人だ」と安心してもらえます。しかし質問には答えられないと言われたときは、素直にあきらめましょう。ここで何度もしつこく聞いてきたりすると間違いなく嫌われます。このように時として「あっさり引く」こともテレクラサイトでの付き合い方としては重要になってくるのです。

関連記事